報酬のシステム・稼ぎの目安(フリーランス)

honestbeeフリーランス報酬システム、また実際どのくらい稼げるのかについてまとめました。

登録の区分・仕事の種類や仕事の手順についてはこちらをご覧ください。

登録形態・仕事の種類

配達の手順(フリーランス)

どのくらい稼げるのか(ざっくり)

現状、honestbee単体ではまともな稼ぎにはなりません

Uber Eatsなどとの同時オンラインを前提に考えたほうがいいです。(honestbeeもそれを推奨しています)

honestbee単体での稼働がほとんど意味がないので、この記事ではUber Eatsとの同時稼働を前提にします。

Uber Eatsとの同時オンラインで見込める報酬増加分

Uber Eatsの日給・時給換算はこちらのページで解説していますが、だいたい以下のようなかんじになっています。

日給換算:9000〜25,000円ほど
時給換算:700〜2,000円ほど

これにhonestbeeの同時稼働を加えると、日給換算としては +0〜3000円 といったところでしょう。

時給換算は計算できません。というのも、現状honestbeeはかなり注文数が少なく(1日2〜5件ほど)、「時給換算してこのくらい!」といえるようなレベルに達していません。

また、同時稼働の場合、当然ですが片方の注文を受けている間はもう片方はオフラインにする必要があります。今の状況だと、honestbeeの注文がまれに入ろうとしてもUber Eastの注文を受けている最中(=honestbeeはオフライン中)という可能性が高いです。

上の「1日2〜5件ほど」というのは、11:00〜22:00のあいだ常にhonestbeeをオンラインにしていた場合です(実際に検証しました)

なので、Uber Eatsに加えてhonestbeeに登録、同時稼働をしても、だいたいの場合はあまり稼げる額は変わらないのではないかと思います。運良くhonestbeeの注文を拾えればラッキー!といった具合です(あとで書きますが、単価は高いです)

どんな仕事か(ざっくり)

フリーランスに関してはほぼUber Eatsと同じです。

honestbeeには他の種類の仕事もあるのですが、現状Uber Eatsのように好きなタイミングでできるのはフリーランス(フード配達)のみです。

簡単にまとめると、

・自分で自転車バイク、それとAndroidスマホを用意
・完全出来高制(時給保証などはなし)
・完全に好きなタイミングで仕事できるが、交通費やバイクのガソリン代などは自分で負担
・Uber Eatsと異なり、一切の保険がつかない(必須ではないが、自分で保険に入ったほうがよい)

サービスエリア内でオンラインにする
(主に港区・渋谷区。マップは公開されていない)

注文が入ったらお店に行って料理を受け取る

お客さんのもとまで運び、渡したら終了

詳しい仕事の流れはこちらのページをご覧ください。

配達の手順(フリーランス)

具体的な報酬体系

時給制ではなく、好きなタイミングでオンラインにして好きな件数(1件だけでもOK)配達して、好きなタイミングでオフラインにすればOK。ノルマなどもありません。

報酬は1配達ごとの報酬になります。(雇用ではないので、「給料」「給与」とはいわずに「報酬」といいます)

このあたりすべてUber Eatsと同じですね。

ただ、報酬の計算方法はUber Eatsよりもかなりシンプルでざっくりとしています。

基本的に、1配達の報酬はUber Eatsよりも高めです。

報酬の計算式

報酬は以下の式で計算されます。非常にシンプルなので、自分でも簡単に計算できます。

基本料:500円

距離ごとの報酬:150円 / km

ブースト:200〜500円

その他の手当て:200〜1200円ほど

最低でも1配達650円です。条件が重なれば1配達2000円以上もありえます。

実際やってみた感覚だと、配達報酬はUber Eatsの1.5〜2倍ほどのように感じます。1000〜1300円くらいの配達が多いです。

それぞれの項目について詳しく説明します。

基本料

距離やその他の条件にかかわらず、1配達ごとに確定でもらえる報酬です。

内訳は、ピック(料理の受け取り)が300円、ドロップ(お客さんに渡す)が200円となっています。

普通は片方だけということはないので、基本料=500円と考えてOKです。

※料理を受け取った後にお客さん都合でキャンセルとなった場合は、ピック料金300円のみが支払われます。

距離ごとの報酬

1kmごとに150円で、ポイントは切り上げだということです。

なので、100mの配達でも1km分の料金=150円が支払われます。2.1kmの場合は3km分=450円ですね。

0mの配達というのはありえないので、必然的にこの1km分の150円も必ずもらえる報酬となります。

ブースト

Uber Eatsのブーストと違って、固定の額が報酬に上乗せされます。

2018/4だと、平日の11:00〜14:00・17:00〜ラストオーダー(21:30)には +200円、土日は終日 +500円といった具合です。

特に休日の場合、「基本料500円+距離報酬最低150円+ブースト500円」で、最低でも1配達1150円になります。これは高いですね!

ブーストの適用条件は、「注文を受けてからお客さんに渡すまでの時間の一部がブースト適用時間帯にかかっていること」です。

その他の手当て

雨ブースト +200円や、ロングピック手当て(3〜5kmは +500円、5km以上は +1000円。ただし直線距離での計算)などがあります。雨ブーストが適用される場合は事前にLineで告知されるので、要チェックです。

1時間・1日あたりで何件くらいの配達をこなせるのか

いまのところ、honestbeeは注文自体がかなり少なめです。なのでUber Eatsと同時にオンラインにしておいて、honestbeeに呼ばれたらラッキー!というくらいで考えたほうがいいです。

ただ、honestbeeの注文さえゲットできれば単価は高い(1配達1000円〜1300円が中心)なので、そのときだけ時給換算がよくなります。笑

1注文をこなすのにかかる時間はUber Eatsと全く同じです。およそ15分〜30分といったところでしょうか。

ただ、まだ開発途上でアプリの不具合なども多く(注文が表示されないエラーなど。一番困りますよね...)、そういったときにはかなり時間をとられてしまうこともあります...

おすすめできるか

正直、まだ様子見でしょうか...

Andoirdモバイルバッテリーを持っている方は同時オンラインを試してみてもいいと思いますが、持っていないのに買ってまで登録するのはまだおすすめできません。

iPhoneアプリも開発中とのことなので、今後またおすすめできそうになったらこのページも更新します!

workname
アイコン