登録要件・必要なもの

honestbeeのフリーランスの仕事をするのに必要なもの・登録要件をまとめました。

アルバイトの場合は基本的に必要なものは全て貸し出されるので問題ありません。登録要件は基本的にフリーランスと同じですが、面接があります。

必要なもの

支給されるもの

支給されるのは配達バッグのみです。

配達バッグ

配達バッグはフリーランスでも貸し出しを利用できます。その場合、6000円のデポジット(バッグ返却時に返金)が必要です。

バッグはUber Eatsバッグよりさらに大きいです。また、折りたたみができない(しまっておく分には小さくはしておけますが、折りたたんで背負うことができません)のが不便です。

Uber Eatsバッグなど自身で配達に使えるバッグを持っているのであれば、honestbeeバッグを使う必要はありません。その場合は当然バッグのデポジットも必要ありません。

自分で用意するもの

スマートフォン

これがないとまず登録できません。honestbeeの配達の仕事はUber Eats同様スマートフォンアプリを利用して注文を受けます。

2018/11/8よりiOSアプリがリリースされ、現在は Android / iOS のどちらでも利用可能です。

車両

自転車か原付・バイクが必要です。

レンタルについてはこちらのページをご覧ください。(Uber Eats向けのページですが、Uber専用プラン以外なら申し込めます。)

レンタル自転車・バイクのUber専用プランの申し込み方法

現状honestbee専用のレンタルプランはないので、Uber Eatsにも登録して、Uber専用プランを利用するのがいいかと思います。
話が逸れますが、Uber Eatsとhonestbee両方に登録して同時にオンラインにしておけば、それだけ注文の入る可能性が高くなります。片方で注文を受けたら、もう片方はオフラインにすればOKです。

スマートフォンホルダー・モバイルバッテリー

特に自転車・バイクにスマートフォンを固定するホルダーは必須です。
これがないといちいちポケットからスマホを取り出して地図をみて、を繰り返すことになるので、相当地理に強くないとかなり効率が悪いですね。
スマホ用自転車ホルダー - Amazon.co.jp

モバイルバッテリーはあればベターです。
なくても大丈夫ですが、Uber Eatsとダブルオンラインでガシガシ稼働するのであれば必要です。
Anker PowerCore 10000 - Amazon.co.jp

タオル・サバイバルシート

支給される配達バッグを利用する場合、中に仕切りなどないので商品が踊ってしまいます。
商品が崩れるのを防止するために、タオルなどをバッグにいれておきましょう。

ただ、タオルだと見栄えがあまりよくないですので、サバイバルシートを用意すればベストです。これだと保温にもなります。300円ほどで買えるので、本格的にやるなら買ったほうがいいです。
サバイバルシート(防寒・保温シート)5枚パック - Amazon.co.jp

登録の要件

フリーランスの場合、上記の備品・車両が用意できればOKです!

年齢国籍の条件もありません。

アルバイト・正社員の場合も特に要件はありませんが、面接があります。(フリーランスでの登録の場合は面接はありません)

登録方法

登録方法はこちらのページをご覧ください!

登録方法と稼働開始までの流れ

workname
アイコン