Uber Eats

Uber Eats東京エリアの料金改定でロングドロップが不利になる!?

2019年11月29日より、Uber Eats東京エリア(千葉、埼玉)の配送料改定が行われることとなりました。

基本料金が10%下がり、サービス手数料が35%から10%に変更されます。

インセンティブが引き上げられるため、結果的にそこまで大きく受け取れる金額が変わることはないようです。

基本料金とサービス手数料

配送料改定
  • 受け取り料金:300円 → 265円
  • 1kmあたりの距離:150円 → 60円
  • 受け渡し料金:170円 → 125円
  • サービス手数料:35% → 10%

インセンティブは引き上げられます

Uber Eatsは軽貨物車でも配達可能!車で稼働するメリットまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達に車を使えたらいいなと思ったことはないでしょうか?

車で配達できれば、天気も関係ないし、体力も使わないし、楽にこなせそうでいいですよね。

現状ほとんど使っている人はいないですが、実はUber Eatsは車で配達することができます。

今回はUber Eatsで車を使うときの注意点、車で配達するメリット・デメリットについて紹介します!

Uber Eatsで車は使っていいの?

  • 自転車
  • 原付バイク(125cc以下)
  • 軽貨物またはバイク(125cc超)

Uber Eats配達パートナーには、この3つの車両で登録できることが確認できます。

自転車や原付はみなさんご存知だと思いますが、軽貨物というのはあまり馴染みがない人が多いのではないでしょうか。

軽貨物とは、貨物用の軽自動車の事です。
軽トラック、軽バン、軽ボンネットバン等が軽貨物車に分類されます。

Uber Eatsのコラム・読み物

Uber Eats配達パートナーの保険について

・配達パートナーの保険(賠償責任・傷害補償)
・自身で加入する自転車保険
・原付バイク(自賠責・任意保険)

Uber Eatsは交通事故のリスクと隣合わせの仕事です。いくら気をつけていても100%安全ということはありません。
全ての配達パートナーに自動的に適用される保険が用意されていますが、配達中しか補償されないため、個人で保険に入るのもオススメです。

名古屋エリアについて

名古屋エリアでは、2018年10月24日よりサービスが開始されました。

Uber Eatsは、2016年に東京でサービスを開始し、2018年には関西にエリアを拡大。

現在一番ホットなエリアは東京ですが、今年の4月にスタートしたばかりの大阪は既にかなり勢いのある状況となっています。

中部で初のUber Eatsサービスエリアとなる名古屋、今後の盛り上がりに注目しましょう。

そもそもUber Eatsとは?についてはこちらのページをご覧ください。

Uber Eatsの概要

Uber Eatsの営業時間は何時?24時間営業はしているのか

Uber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文するにしても配達の仕事をするにしても、営業時間が何時から何時までなのかは気になる部分ではないでしょうか。

ひょっとしたら24時間営業なのかと考えている人もいるかもしれません。

そこで、Uber Eatsの営業時間は何時なのか、24時間営業しているのかを解説します!

Uber Eatsの営業時間

時間

Uber Eatsの営業時間は、朝9時から夜12時(0時)までです。
一部の地域では営業時間が拡大して、朝8時から深夜1時まで営業しています。

営業時間拡大エリア

Uber Eats配達の服装は清潔感と動きやすさを重視しよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達の仕事をやってみたいけど、どんな服装で行けばいいのか、少し迷ってしまいますよね。

あまりかっちりした服だと動きづらそうだし、ラフすぎる格好もレストランや注文者に失礼です。
そもそも服装に規定ってあるの?色々と疑問はありますよね。

Uber Eatsの配達パートナーの経験を元に、一年を通じたUber Eatsの服装について解説します!

Uber Eats配達時の服装

配達パートナー

Uber Eatsの配達パートナーの服装は特に決まっていません

ユニフォームの支給などありませんし、こうしなければいけないというルールもありません。

服装は個人の自由ではありますが、意識した方がいいことはあります。

Uber Eatsは高校生でも働ける?年齢分布で一番多い世代とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、若い人から年配の方まで、幅広い年齢層の人が活動しています。

実際のところ、Uber Eatsの配達パートナーに登録するにあたって、年齢制限はあるのでしょうか?

年齢に関する疑問にお答えします!

Uber Eatsに年齢制限はある?

高校生

結論から言うと、Uber Eatsの配達パートナーになれる年齢は決まっています。
業務委託という形になるため、18歳以上であることが条件です。

Uber Eatsは女性でも働ける?女性ならではのメリットを紹介!

Uber Eatsで働いてみたいけど、女性でも働くことはできるのか心配な方もいるのではないでしょうか?

今回は、女性がUber Eatsで働くことのメリットやデメリット、初めて働く女性でも失敗しないための服装や注意点をご紹介します!

女性でもUber Eatsで働いている人はいる?

Uber Eatsユーザーの性別

Uber Eatsは基本的に男性が多い印象があると思いますが、もちろん女性の配達パートナーもいます。

noshiftが行ったアンケート結果によると、7.3%の方が女性でした。
決して多いとは言えないですが、たしかに女性ユーザーは存在します。

自転車が好きで体力に自信がある女性はもちろん適しているし、普通のOLや主婦でもUber Eatsの配達はできます。

雨のUber Eatsは危険もあるけど稼ぐチャンスでもある!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は外での仕事なので、常に天気をチェックしておく必要があります。
自転車やバイクにとって雨・風は天敵だし、できれば避けたいことですね。

とはいえ、Uber Eatsにとっては悪天候は必ずしも悪いことだけではありません!
時にはいいことでもあります。

雨が降ったときに気をつけなければならないことや、持っておいたほうがいいものについて、実際の配達経験を元に解説します!

雨の日のUber Eatsってどうなの?

雨の自転車

そもそも悪天候時でもUber Eatsの配達はできるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

基本的には雨でも風でもUber Eatsの配達は可能です。
むしろ外に出たくない人が増えるので、注文はいつもより増える傾向があります。

Uber Eats配達は待機場所を工夫して効率アップを目指そう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は、注文が入るまで自宅で待機していてもOKです。

しかし、大きく稼ぎたいのであればしっかりと待機場所を選んで効率よくリクエストを受けられるようにしなくてはいけません。

自宅が効率のいい待機場所であれば一番理想的ですけど、そうじゃない人の方が大半でしょう。

実際に配達の仕事をやっていて気づいた、待機にオススメの場所を紹介します!