登録方法と稼働開始までの流れ

WEB登録→稼働開始の流れです。

このページの招待から登録いただいた方に最大20,000円のボーナスをお渡ししています。詳しくは こちらのページをご覧ください。

登録の要件・必要なものは こちらのページをご覧ください。

申し込みはほとんどオンラインで完了できます。

レンタルの場合、車両は申し込みから 1〜4日ほど (レンタル先による)で使えるようになりますので、使えるようになったらその足でパートナーセンターに行き、 本登録(30分ほど)を終えたら その日から稼働してみるのがいいでしょう。

※ 配達バッグの在庫がない場合は後日自宅に郵送となります(その場合、バッグの受け取りまで1〜2週間ほどかかる場合があります)。最近そのようなケースが増えているようですので、その日から稼働できない場合もあることをご了承ください。

一応 UBER公式でも説明していますが、ちょっとわかりにくいので噛み砕いて説明しますね。

①WEB登録(10分)

まずはパートナーアカウントの作成(WEB登録)です。

Uberアカウントを作成

Web登録には招待での登録、もしくは普通に登録の2通りの方法があります。招待ボーナスを受け取るには、招待での登録にお進みください。

招待での登録の場合、京都・神戸エリアは当サイト関西エリア担当のNao Okazaki、それ以外は管理人の瀧口信太郎の招待という形となります。
Uberから招待者に送信される情報について

招待での登録

招待ボーナスを受け取るには、こちらから招待メールを受け取り、メールに記載のリンクより登録してください。

招待メールリクエスト

リクエストいただくと自動で招待メールが送られますので、メールに記載のリンクよりご登録ください。
メールが届かない場合や他の方法でリクエストしたい場合は こちらのページをご覧ください。


招待ボーナスを受け取るには 招待コードをメールなどで直接受け取っている必要があります(くわしくは こちら
WEB登録の際にうまく招待コードが適用されておらず後から適用してもらうケースも(わりとよく)あるのですが、その場合は招待コードをメールなどで受け取っている証拠が必要になります。

なので、受け取った招待メールは後で本登録を終えるまで必ず保存しておいてください

普通に登録

招待での登録に抵抗がある場合は、こちらより普通にアカウントを作成してください。(こちらから登録の場合、招待ボーナスは受け取れません)

パートナーアカウント作成 - Uber

WEB登録の際の注意点

メールアドレス

招待メールを受け取ったアドレスでなくても、なんでもOKです。
このメールアドレスは招待者に通知されます。当サイトでは ボーナスのお渡しに際して、ご登録の確認のためにこのメールアドレスをご確認します。

氏名

アルファベットで登録することをおすすめします。
漢字で登録する必要はなく、またUber Eatsのお客さんには外国人も多いので、アルファベットの方が便利でしょう。
(漢字でも登録はできます)

電話番号

なるべく 携帯電話の番号を登録しましょう。また、050ではじまるIP電話でなく、080などではじまる通常の電話番号をおすすめします。(IP電話でも登録はできますし、配達もできます)

なぜかというと、まず配達中に問題があった場合などは、この登録されている電話番号でUberやお客さんと連絡をとることになります。
また、Uberのシステム上、 SMSでの認証を求められることが多いです。なのでIP電話などSMSを受け取れない番号での登録だと不便なことがあります。(そういう場合サポートに連絡すれば対応してもらえますが、やはりいちいち不便です)

この登録電話番号も招待者に開示されます。しかし当サイトではこの電話番号は一切利用しませんし、表示することもしていません。(ご登録の確認はメールアドレスにて行います)

都市を選択


登録時の画面

都市を選ぶ欄には「Tokyo」「Yokohama」「Kawasaki」「Osaka」「Kyoto」「Kobe」「Nagoya」「Saitama」「Fukuoka」など、稼働予定の都市を入力してください。
「Chiba」などサービス開始前のエリアでも登録可能です

2018/3/1より、登録の都市に関わらずどの都市でもオンラインにして配達ができるようになりました。しかしながらブーストやインセンティブは基本的に登録の都市での配達のみが対象となります。また、招待ボーナスに必要な配達回数のカウントは登録の都市での配達のみが対象です。

登録の都市は後からいつでも変更できるので、いまのところメインになりそうな都市を選択しましょう。

また選んだ都市に関わらず、本登録の際はどの都市のパートナーセンターに行ってもOKとのことです。

なお、もし都市や国を間違えて選択してしまった場合はこちらよりUberサポートに問い合わせてください。

招待コード


登録時の画面
招待メールから登録に進むと、招待コードが自動的に入力されているはずです。
しかし 招待コードを誤って消してしまったり、 うまく自動入力されていない場合があるようです。

招待コードが入力されていないと招待ボーナスを受け取ることができないので、 必ず確認してください(招待コードはお送りする招待メールに記載しています)。

また、この後のパートナーセンターでの本登録の際に、Uber Eatsスタッフの方に必ず招待の適用を確認してください。(知らないうちにアカウントを二つ作ってしまっていて、招待のついてない方のアカウントで配達を始めてしまった、というケースもあります)

うまくいかない場合

なぜかページが動かないなどの場合、WebサイトでなくUber Driverアプリから登録を試してみてください!

都市や車両を間違って選択して戻れなくなってしまった場合

登録の国・都市や車両を一度選択してしまうと、修正できなくなる場合があります。その場合、こちらよりUberサポートに連絡しましょう。
間違った都市にドライバー登録してしまいました - Uberヘルプ

このページには「都市」としか書いていませんが、車両についてもこちらから連絡して問題ありません。

アカウントを作成できない場合

「このメールアドレスは既にUBERに登録されています」などと表示され、アカウントを作成できないことがあります。

このエラーは以前にUber Eatsのサービスを利用したことがある場合や、配達パートナーアカウントを作成しかけてやめたことがある場合などに発生するようです。 (そういえば自分もそうでした...)

この場合は、作成済みのアカウントにログインしてWEB登録を済ませた上で、下のページよりサポートに連絡をしてください。
招待されたドライバー: 紹介者が見つからない、または誤りがあると報告する - UBERヘルプ

このとき紹介者の情報が必要になりますので、招待メールと合わせてお送りしている紹介者の情報(氏名、登録電話番号、招待コード)を伝えてください。

もしくはパートナーセンターでの本登録の際にUber Eatsスタッフの方に直接言っていただくのでも大丈夫です。
その際にやはり招待者の情報が必要になりますので、招待メールと合わせてお送りしている紹介者の情報(氏名、登録電話番号、招待コード)を伝えてください。

招待者情報が見つからなかったり、ほかにもご不明点などあれば こちらよりお気軽にお問い合わせください。(通常24時間以内に返信いたします)

書類のアップロード

アカウントを作成したら、書類のアップロードのプロセスになります。
必要な書類はこのページに書いてあります。
登録に必要な書類 - UBER

自転車の場合は 免許証があればそれでOKです。
バイクの場合、ここで 免許証ナンバープレートの写真、それに 自賠責の証明書(ナンバーの記載が必須)をアップロードします。

そのほか 配達報酬の振込先の銀行口座の設定もここでやっておくことができます。WEBで済ませておけばそのぶんパートナーセンターでの登録作業を短縮できます。(わからなければ本登録にキャッシュカードを持っていけばやってもらえるので、それでもOKです)

報酬は海外送金で支払われるので、 ゆうちょ銀行、ネット銀行や信金の口座は使えない場合があります。銀行口座登録のページ (下のリンク先ページから「銀行口座情報」→「編集」)で銀行名を入力してみて、候補が表示されればOKです。遅延なくスムーズに入金されるためには三菱東京UFJ、三井住友、りそななどメガバンクなら無難ですね。また みずほ銀行については送金ごとに手続きに時間がかかることがあるため、できれば別の銀行がよいとのこと。
Pay Statements - Uber

なお、銀行口座の名義人名は半角カタカナで入力する必要があります。こちらに変換フォームを用意したので、よろしければコピー&ペーストしてご利用ください。

半角カタカナの表記

承認にかかる時間

アップロードした書類が承認されるのに最大2週間ほどかかる場合があります。

承認が完了しだいUberからメールが届くはずですが、待てない場合は承認の連絡を待たずに次のステップ( パートナーセンターでの本登録)に行ってしまっても問題ない場合が多いです。

ただし、上の 必要な書類のアップロードで不備があった場合は出直しとなるので注意してください。

ボーナスの申請

上の招待メールから登録いただいた場合、当サイトより最大20,000円のボーナスをお渡ししています。

こちらから申請をいただく必要がありますので、Web登録が完了したらこちらのページをご覧のうえ申請を済ませてください。

Uber Eatsボーナス申請フォーム

ボーナスについて詳しくはこちらのページをご覧ください。

※ ボーナスはUberではなく当サイトからのお渡しとなります。

必要なアプリをダウンロードしておく

次はパートナーセンターに行って正式登録ですが、事前にスマートフォンに専用アプリをインストールしておくとスムーズです。

Uber Driverアプリ

App StoreやGoogle Playで「Uber Driver」で検索してください。

インストールしたら先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインすると、チュートリアルビデオがみられます。余裕があればこれは事前にみておきましょう。見ておかない場合はパートナーセンターで登録の際にみることになります。

余談ですが、 プロフィール写真を自分で登録しておくと、パートナーセンターで撮影のステップを飛ばせます(たいして時間のかかるステップではないので、わからなければスルーでOKです)。

Google Mapアプリ

配達の際にGoogle Mapを利用するので、アプリをいれておきましょう。
(Uberのアプリにも地図機能はあるのですが、ナビ機能はGoogle Mapを呼び出して使う仕様になっています笑)

レンタル自転車のアプリ

レンタル自転車を利用する場合は、事前に専用のアプリをいれておくとスムーズです。

ドコモ・バイクシェア ポートナビアプリ
COGICOGI専用アプリ




②車両のレンタル(自転車orバイクを持ってない場合)(10分)

自転車やバイクを持っていない場合、Uberの提携先から特別価格でレンタルすることができます。
車両レンタルのご案内(東京) -UBER
車両レンタルのご案内(横浜) -UBER
車両レンタルのご案内(大阪) -UBER

※ 以前はパートナーセンターでの登録後にしか契約できませんでしたが、今は 登録前にも契約できるようになったようです。パートナーセンターで登録したら その日から稼働できるので、前もって契約しておいてしまいましょう!

ドコモバイクシェアであれば申し込みの 翌日、その他は 2〜4日で車両が使えるようになります。

申し込み方法

申し込み方法はこちらの記事で詳しく説明しています。

レンタル自転車・バイクのUber専用プランの申し込み方法

レンタルの注意点

レンタル開始は、最短のドコモバイクシェアのUber専用月額プランでも 申し込みの翌日からになります。

待てない!という場合は、ドコモバイクシェアの 通常の時間レンタルを利用しましょう。
通常価格は30分100円(最初の30分のみ150円)なので、たとえば初日ディナータイムに3時間稼働すれば650円ですね。そんなに痛い出費ではないです。

③パートナーセンターで正式登録(30分)

次はUBERパートナーセンターで本登録になります。

パートナーセンターは川崎を除いて都市ごとにあります。(都市ごとのパートナーセンターの情報は次のセクションでご案内しています)

配達のお仕事は2018/3/1よりどの都市でも自由にできるようになりました。登録もどのパートナーセンターに行っても大丈夫です。

配達バッグの在庫があれば、即日から配達開始できます。

なお、 登録の前に 注意点を必ず読んでおいてください

持ち物

写真付きの身分証

下のいずれかが必要です。 (WEBでアップロードしていれば不要なようですが、持っていた方が確実でしょう)
・パスポート
・運転免許証 (原付の場合は必須!)
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード

外国籍の場合は、 在留カードが必要になります。

参考: 登録の必要書類 - UBER

スマートフォン(もしくはタブレット、iPod touchなど)

つまりUber Driverアプリをインストールできるものです。

なくても登録はできるかもしれませんが、これを用いて説明を行いますし、持っていれば登録のあとその場から稼働できます。

キャッシュカード

報酬の受け取り口座にする予定の口座のキャッシュカードを持っていけば、スタッフの方に教えてもらいながらその場で登録ができるので安心です。

なるべく三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクのキャッシュカードを持っていきましょう(報酬は海外からの送金になるので、なるべくスムーズに受け取れる銀行)。みずほ銀行は毎回電話での確認が必要になるのでおすすめでないとのこと。

その他の持ち物

登録後すぐに配達をするなら、 モバイルバッテリーがあれば持っていきましょう (なくても平気ですが)

また、 スマートフォンを自転車やバイクに固定するホルダーはあった方がいいです(なくても配達できないことはないですが...)
Amazonで1000円くらいから購入できます。
N.ORANIE 自転車 バイク 防水防塵ケース - Amazon.co.jp

また、配達用のバッグを受け取るので、 荷物はなるべくコンパクトにまとめて、配達用バッグにすべていれられるようにしておいたほうがいいです。

手袋を使う場合はスマホ対応のものがいいです。なければ 100円ショップで軍手を買って、人差し指に穴をあけましょう

また、自転車や原付にすぐ乗れるように確認をしておきましょう。
ドコモバイクシェアの場合はパートナーセンターから徒歩でポートに行けます)

手続きなど

予約などは必要なく、 営業時間内にいきなり行けばOKです。

面接などはなく、手続きも30分ほどで終わります。
※ 事前にビデオを見ていなかった場合はそのぶん追加でかかります。
※ 混雑している場合はどのみち30分ほど待つ場合があります。

おすすめは、月〜土なら(東京・横浜・大阪の場合) 17時くらいに行くことです。登録後すぐにディナータイムで稼働できます。
※ 配達バッグの在庫があった場合

本登録の内容は以下のような手順になります。

報酬の振込先銀行口座の登録

Uber Eatsの説明ビデオをみる

仕事の手順やアプリの操作方法についての説明

プロフィール写真の撮影 (あとでアプリから撮り直せます)

配達バッグの受け取り

事前にビデオをみていたり、また 銀行口座の登録プロフィール写真の撮影を自分で済ませている場合はそれらの手順はスキップできます。

仕事の手順の説明も当サイトを見たとお伝えいただけば簡単に済ませてもらるはずです(^_^)b

本登録の際の注意点

本登録の際に、念のためスタッフの方に「紹介は適用されているか」と確認をしてください。
もしWEB登録の際にうまく招待を適用できていなかった場合、ここで適用してもらえます。
入力したつもりでもうまく適用されていないケースが よくある (本当によくあるんです...)ので、必ず確認しましょう。
この機会を逃して配達を始めてしまうと原則、招待は適用できなくなるので気をつけてください。

このとき以下の情報を聞かれますので、本登録に行く前にしっかり確認しておいてください。

  • 紹介者の情報(名前と電話番号)
    これは招待メールをお送りした方にはあらかじめお伝えしています。もし見つからない場合は本登録に行く前にこちらよりお問い合わせください。
  • 招待コードの記載のあるメール・Lineメッセージ
    お送りした招待メールはここで必要になる可能性があるので、ここまで保存しておいてください。
    Web登録「以前」に受け取っていることを確認できる必要があります。

なお、招待の経緯を聞かれた際は「noshift.workをみた」と言ってもらえれば大丈夫です!

④都市ごとのパートナーセンター・稼働開始のアドバイス

ここからは都市ごとに説明していますので、それぞれのページをご覧ください。

東京・横浜・川崎・埼玉・千葉の場合

大阪・京都・神戸の場合

名古屋の場合

福岡の場合

workname
アイコン