福岡エリアについて

2016年に東京でスタートしたUber Eatsは、2018年に関西名古屋へとエリアを拡大。

今回サービス開始となった福岡市は、九州地方で初めての都市ということで、開始前からかなり注目されていました。

そもそもUber Eatsとは?についてはこちらのページをご覧ください。

Uber Eatsの概要

店舗マップ・サービスエリア

店舗マップ

※ 中心部の店舗のみを掲載しています。ここに載っていない店舗も多数ありますので、参考程度にご利用ください。

ピンの色はおおまかな注文の入りやすさです。

  • トップ10
  • トップ30
  • その他の店舗

サービスエリア

現在はこちらのページ(下の方にありますので、スクロールしてください!)にてご確認いただけるのみとなります。

配達員になるには

Uber Eatsの配達員への登録は、Web登録→パートナーセンターでの本登録という手順になります。

他の都市と配達員になる順序は変わりませんので、詳しくはこちらをご覧ください。

Uber Eats配達員になるには(登録要件・必要なものなど)

Uber Eats パートナーセンター 福岡天神

最寄駅は天神駅(徒歩1分)です。

  • 住所:福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル6階 TKP天神カンファレンスセンター(天神駅から徒歩1分)
  • 営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00
  • Webサイト:https://www.uber.com/ja-JP/drive/fukuoka/contact

水曜日と日曜日はお休みなのでご注意ください。

利用可能なレンタル自転車サービス

Uber Eatsの配達の際には車両(自転車・原付など)が必要です。

自分で持っている場合は問題ありませんが、持っていない場合はレンタル自転車サービスを利用しましょう。

ただ、福岡で展開しているレンタサイクル・シェアサイクルサービスはどこも料金が高めで、唯一実用的なのはシーサイドバイクくらいでしょう。

この際自転車を買ってしまうのも良いと思います。(運動になりますし、気持ち良いですよ!)

シーサイドバイク

シーサイドバイクは、福岡・百道のレンタサイクル・シェアサイクルサービスです。

利用可能なステーション(ポート)は現在7か所あります。また、事前登録不要(その場でレンタル可能)なので、気軽に利用できるのは魅力の1つですね。

料金

料金はシンプルで、1,000円/1日で利用できます。

お支払いは、クレジットカードのみ。

1日1,000円では本格稼働には厳しい気もしますが、今後の追加に期待しましょう。

利用時間

利用時間は各ポートの営業時間により異なりますが、全体的に結構閉まるのが早いので、遅くまでやる方は注意してください。


詳しくはこちらのページを参照してください。
シーサイドバイク
ステーションマップ - シーサイドバイク
利用方法・利用時間 - シーサイドバイク

稼動開始のアドバイス

パートナーセンターで登録を完了し、その足で稼働開始する場合のアドバイスです。

ただし、最近は配達バッグの在庫が品薄状態とのことで、本登録をしたその日にスタートできない場合があります。

初日は何時から稼働できる?

パートナーセンターで登録を済ませたら、その足で稼働できます。
※配達バッグの在庫があった場合

ただ、パートナーセンターの営業時間が12時〜19時なので、ランチタイムからの稼働は難しいでしょう。

初日の注意事項

初日から稼動できるとは限らない

登録はWeb登録→パートナーセンターでの本登録という流れですが、この本登録の際に配達バッグを受け取る必要があります。

配達バッグなしでの登録完了はできず、後日自宅に郵送となり、配達を開始できるのはバッグが自宅に届いてからとなります。

在庫状況に関しては完全に行ってみないとわからないので、一応当日配達できる準備をしたうえで、在庫があることを祈りましょう。

ブーストやインセンティブの適用なし

Uber Eatsで高収入を得るには、ブーストインセンティブの活用がとても大切なのですが、登録してから1〜2週間はつかないようです。(たまに登録の翌日からつく人もいるようで、未だに仕組みが分かりません・・・。)

正直これがない状態での稼働はなかなかしんどいので、早くつくことを祈りましょう。

ブースト・インセンティブについてはこちらのページをご覧ください。

Uber Eats配達員のお給料など

稼動の手順

Uber Eatsの基本は、

アプリをオンラインにして待機

アプリに注文が入る

アプリに表示されるレストランに行って料理を受け取る

アプリに表示されるお客さんの場所まで届ける

という流れになります。終了するにはアプリをオフラインにすればOKです。

注文が入らないときは何をしていても良いのですが、どこにいれば注文が入りやすいか・入りにくいかを意識しておくことで効率的な稼働ができるでしょう。


また、スマートフォンの設定で画面が消えない設定をしておくか、Uber Driverアプリがロック画面に通知を表示するのを許可しておきましょう。

詳しい配達の手順についてはこちらのページをご覧ください。

実際の仕事の流れ

現金支払い

2019年2月より、福岡でもUber Eatsの料理代金を現金で支払うことが可能になります。...つまり、配達員が現金を受け取る必要があるわけです。

...が、大丈夫です。現金支払いの配達リクエストが入るのは「現金受け付けます!」と自分で設定している配達員のみです。

現金支払いを受け付けるとお客さんと直接お金のやりとりが発生するので、おつりを用意しなければいけなかったり、通常の配達に比べて煩わしさを感じる部分はあります。

しかし、通常では受けられないリクエストを受けられる可能性が増えるので、待機時間を減らせる、クエストを達成しやすくなるなどのメリットがあります。

収入を増やしたい人にはオススメです。

現金支払いの登録方法や、実際のやり方についてはこちらのページをご覧ください。

現金支払いのやり方
メリット&デメリットについて

福岡のユーザーレポート

当サイトではUber Eatsの配達員に登録し実際に稼働された方のレポートを募集・掲載しています。

書いていただける方はこちらのページよりぜひご投稿ください!

workname
アイコン
2日目の稼働 あまり稼げていないのは遠くの店のピックも断らずに回っていたのが一番の要因。お店が遠かったり行きにくい場所に無理して行くと時給1,000円超えはかなり厳しいです。(たまたま上手くいくときもある19時台)
2019.02.09
Geo(20代(大学生を除く)/男性, 自営業)
自転車(自前)
福岡
75
2019.02.02
あくあ(20代(大学生を除く)/男性)
自転車(自前)
福岡
60
初稼働日の成果
2019.01.27
我が肺(20代(大学生を除く)/男性, 会社員)
原付・バイク(自前)
福岡
50
自分の愛車で配達できるのも良いところ
2019.01.08
パソコン(大学生/男性)
原付・バイク(自前)
福岡
50