名古屋エリアについて

名古屋エリアでは、2018年10月24日よりサービスが開始されました。

Uber Eatsは、2016年に東京でサービスを開始し、2018年には関西にエリアを拡大。

現在一番ホットなエリアは東京ですが、今年の4月にスタートしたばかりの大阪は既にかなり勢いのある状況となっています。

中部で初のUber Eatsサービスエリアとなる名古屋、今後の盛り上がりに注目しましょう。

そもそもUber Eatsとは?についてはこちらのページをご覧ください。

Uber Eatsの概要

店舗マップ・サービスエリア

店舗マップ

※ 中心部の店舗のみを掲載しています。ここに載っていない店舗も多数ありますので、参考程度にご利用ください。

ピンの色はおおまかな注文の入りやすさです。

  • トップ10
  • トップ30
  • その他の店舗

サービスエリア

名古屋のサービスエリアは、中区・中村区・西区・北区・中川区・東区で始まり、熱田区・千種区・昭和区が追加され、現在はサービス開始時の2倍以上に拡がっています。

配達員になるには

Uber Eatsの配達員への登録は、Web登録→パートナーセンターでの本登録という手順になります。

他の都市と配達員になる順序は変わりませんので、詳しくはこちらをご覧ください。

Uber Eats配達員になるには(登録要件・必要なものなど)

Uber パートナーセンター 名古屋

最寄駅は伏見駅(徒歩1分)です。

2019年5月2日、パートナーセンターが移転していますのでご注意ください。

また、水曜日と日曜日はお休みです。

利用可能なレンタル自転車サービス

Uber Eatsの配達の際には車両(自転車・原付など)が必要です。

自分で持っている場合は問題ありませんが、持っていない場合はレンタル自転車サービスを利用しましょう。

さすが車社会の名古屋、東京ほどレンタル自転車が普及していないのは否めませんが、いくつか良さそうなサービスを発見しました。

カリテコバイク

カリテコバイクは、2019年5月よりスタートした名鉄協商が運営するシェアサイクル事業です。

名古屋では唯一の電動アシスト自転車で、名駅・栄エリアにポートが10か所あります。

かなりUber Eats向きのシェアサイクルですが、料金面がネックとなります。

料金

料金は150円/30分、延長料金は100円/30分で利用できます。

最大料金は8時~20時が1,200円20時~8時が500円となっています。

時間帯をまたいで使う場合は150円引きになります。Uber Eats利用想定だと20時がちょうどディナータイムに差し掛かるので、丸一日利用すると1550円かかります。

今のところ定額プランは用意されておらず、配達用としてはかなり経費がかかってしまいます。お試しで配達してみるにはいいかもしれません。

利用時間

貸出、返却どちらも24時間可能です。


詳しくはこちらのページを参照してください。
名鉄協商シェアサイクル カリテコ

でらチャリ

でらチャリは、2016年10月よりスタートした栄ミナミのレンタサイクル・シェアサイクルサービスです。

エリア内のステーション(ポート)は現在5か所あります。

料金

料金体系が2種類あり、時間会員の場合は100円/60分、1日会員の場合は500円/1日で利用できます。

お支払いは、交通系ICカードかクレジットカードで行います。

定額制のプランの用意はありせんが、2回配達すればお釣りが来るので実用的な範囲内といえます。

利用時間

貸出は9:00〜20:00、返却は24時間可能です。時間についても問題なさそうですね。


詳しくはこちらのページを参照してください。
栄ミナミ シェアサイクル でらチャリ

PECOりん

PECOりんは、全国でコインパーキングを運営するスペース24が新たに展開するレンタサイクル・シェアサイクルサービスです。

エリア内のステーション(ポート)は現在1か所のみ、名駅南から大須に移転しました。

地下鉄の駅が近くアクセスが良くなり、Uber Eats加盟店の多い大須~栄エリアにも近づき、以前より利用しやすくなっています。

料金

利用料金は、最初の60分は300円以降は60分ごとに100円1日最大500円で利用できます。

お支払いは、クレジットカードかキャリア決済(各3社)で行います。

利用時間

貸出・返却ともに24時間可能です。ここは便利ですね。


詳しくはこちらのページを参照してください。
レンタサイクル PECOりん

その他のサービス

でらチャリやPECOりんと比べると料金が高めなものの、レンタサイクル・シェアサイクルとして利用可能なサービスは他にもいくつかありました。

レンタルするついでにコーヒーが飲めたり、スポーティーな自転車があったり、「こっちの方が合ってる」って人もいるかもしれません!

  • NOOK & CRANNY(ヌークアンドクラニー)
  • モグリン
  • ケッタくん
  • レンタ輪なごや
  • イトウサイクル

稼動開始のアドバイス

パートナーセンターで登録を完了し、その足で稼働開始する場合のアドバイスです。

初日は何時から稼働できる?

パートナーセンターで登録を済ませたら、即日から稼働できます。
※配達バッグの在庫があった場合

パートナーセンターの営業時間が12時〜なので、最短で終わればギリギリランチタイムに稼働できなくはないです。

初日の注意事項

初日から稼動できるとは限らない

登録はWeb登録→パートナーセンターでの本登録という流れで、この本登録の際に配達バッグを受け取ることができ、アプリをオンラインにできるようになります。

なので、もし本登録に行った日に配達バッグの在庫がなかった場合には、後日自宅に郵送となり、配達を開始できるのはバッグが自宅に届いてからとなります。

在庫状況に関しては実際に行ってみないとわからないので、当日配達できる準備と、もし在庫がなかったら諦める心の準備を両方しておきましょう。

ブーストやインセンティブの適用なし

Uber Eatsで高収入を得る鍵となるブーストインセンティブは、登録(配達バッグの受け取り)から1週間くらいつかないことが多いです。(たまに登録の翌日からつく人もいるようで、そこの仕組みは未だに謎です・・・。)

一度つけば、その後はずっとつくようになります。正直これがない状態での稼働はなかなかしんどいので、早くつくことを祈りましょう。

ブースト・インセンティブについてはこちらのページをご覧ください。

Uber Eats配達員のお給料など

稼動の手順

Uber Eatsの基本は、

アプリをオンラインにして待機

アプリに注文が入る

アプリに表示されるレストランに行って料理を受け取る

アプリに表示されるお客さんの場所まで届ける

という流れになります。終了するにはアプリをオフラインにすればOKです。

注文が入らないときは何をしていても良いのですが、基本的にお店から近い配達員が呼ばれるシステムになっているので、どこにいれば注文が入りやすいかを意識しておくことが大切です。


また、スマートフォンの設定で画面をつけっぱなしにしておくか、Uber Driverアプリがロック画面に通知を表示するのを許可しておきましょう。

詳しい配達の手順についてはこちらのページをご覧ください。

実際の仕事の流れ

現金支払い

2019年2月より、名古屋でもUber Eatsの料理代金を現金で支払うことが可能になります。...つまり、配達員が現金を受け取る必要があるわけです。

...が、大丈夫です。現金支払いの配達リクエストが入るのは「現金受け付けます!」と自分で設定している配達員のみです。

現金支払いを受け付けるとお客さんと直接お金のやりとりが発生するので、おつりを用意しなければいけなかったり、通常の配達に比べて煩わしさを感じる部分はあります。

しかし、通常では受けられないリクエストを受けられる可能性が増えるので、待機時間を減らせる、クエストを達成しやすくなるなどのメリットがあります。

収入を増やしたい人にはオススメです。

現金支払いの登録方法や、実際のやり方についてはこちらのページをご覧ください。

現金支払いのやり方
メリット&デメリットについて

名古屋のユーザーレポート

当サイトレポーターによる体験記はこちら
名古屋のUber Eats配達員が1日8時間でいくら稼げるかやってみた

そのほかの実際に当サイトから登録して配達したみなさんのレポートは以下をごらんください!

workname
アイコン
2019.04.09
名古屋シボレーイーター(大学生(当時)/男性)
自転車(自前)
名古屋
50
使用バイクと固定されたバッグ、メインの小バッグ
2019.04.06
であ(30代/男性, 会社員)
原付・バイク(自前)
名古屋
60
現在のブーストとクエスト
2018.12.30
時計(大学生/男性)
自転車(自前)
名古屋
100
UberEatsの半額画面
2018.12.30
こめこぱん(30代/男性, 会社員)
自転車(自前)
名古屋
51