大阪・京都・神戸エリアの各情報(マップ・登録〜稼働開始)

Uber Eatsは2016年9月より東京でスタートし、関西では2018年4月の 大阪を皮切りに、7月には 京都神戸で一気にスタートしました。

記事執筆時点 (2018/9/26)ではまだどのエリアも日が浅く東京ほど活発に注文が入っているわけではないようですが、大阪では 横浜・川崎を上回る勢いがあるように思います。

都市ごとの店舗マップ・サービスエリア

大阪

大阪は2018年4月よりサービスが始められ、大阪市内全区の24区(中央区・北区・西区・浪速区・天王寺区・福島区・都島区・阿倍野区・西成区・大正区・淀川区・東成区・城東区・生野区・住吉区・東淀川区、鶴見区、旭区、東住吉区、平野区、西淀川区、此花区、港区、住之江区)が対象エリアとなっています。

関西圏においてまだUber Eatsの認知自体は少ないものの、エリアが大阪の中心を網羅しているため、認知が上がるにつれて需要も増大すると予想されます。筆者 (当サイト管理人)の感覚では先にスタートしている横浜よりも既に注文も活発になってきているように感じます。

サービスエリア

現時点ではまだイメージのみの公開となります。

エリアをみる(少し下にスクロールしてください)

店舗マップ

※ 中心部の店舗のみを掲載しています!ここに載っていない店舗も多数あります。参考程度にご利用ください。

ピンの色はおおまかな注文の入りやすさです。

  • トップ10
  • トップ30
  • その他の店舗

京都

京都は2018年7月25日よりサービスが開始され、サービスエリアは上京区・中京区・東山区・下京区・北区・左京区・右京区・南区の8区です。

外国人観光客の滞在ホテルやオフィスなども多く、今後需要は高くなっていくと思います。

サービスエリア

現時点ではまだイメージのみの公開となります。

エリアをみる(少し下にスクロールしてください)

店舗マップ

※ 中心部の店舗のみを掲載しています!ここに載っていない店舗も多数あります。参考程度にご利用ください。

ピンの色はおおまかな注文の入りやすさです。

  • トップ10
  • トップ30
  • その他の店舗

神戸

神戸では2018年7月31日にサービス開始となりました。エリアは神戸市内6区(中央区、兵庫区、灘区、長田区、須磨区、東灘区)を含む一部地域となっています。 下の対象エリアマップを見る限り、神戸・三宮が主要な街で、東は六甲は大丈夫ですが、石屋川がギリギリ範囲に入らなく、西は長田がギリギリ厳しいという感じでしょうか。

神戸については今後の伸びは未知数ですね。(もしかしたら横浜のように微妙なエリアになるかも...)いや、もちろんはじまってみないと分かりませんが!

サービスエリア

現時点ではまだイメージのみの公開となります。

エリアをみる(少し下にスクロールしてください)

店舗マップ

ピンの色はおおまかな注文の入りやすさです。

  • トップ10
  • トップ30
  • その他の店舗

配達員になるには

Uber Eatsの配達員への登録は Web登録→パートナーセンターでの本登録という手順になります。

必要なもの、登録方法などはこちらのページでご案内しています。

Uber Eats配達員になるには(登録要件・必要なものなど)

各都市のパートナーセンター

大阪のパートナーセンター

大阪のパートナーセンターは心斎橋駅からすぐの場所にあります。

住所:大阪市中央区南船場4-4-21 りそな船場ビル6階
マップをみる
営業時間:
月~土曜日:12:00~19:00
日曜日:13:00〜17:00
Webサイト: https://www.uber.com/ja-JP/drive/osaka/contact/

京都のパートナーセンター

京都のパートナーセンターは京都駅より市営バスで「八条大宮」、「下京区総合庁舎前」のいずれかで下車、そこから徒歩五分です。

住所:京都府京都市下京区金換町109-1
マップをみる
営業時間:
木・金・土曜日:12:00~19:00
日〜水曜日に登録を希望の方は、 大阪のパートナーセンターを利用してください。
Webサイト: https://www.uber.com/ja-JP/drive/kyoto/contact/

神戸のパートナーセンター

神戸のパートナーセンターはJR三ノ宮駅駅中央口から徒歩3分です。

住所:神戸市中央区琴ノ緒町5-4-8 TKP三宮ビジネスセンター
マップをみる
営業時間:
金・土・日曜日:12:00~19:00
月〜木曜日に登録を希望の方は、 大阪のパートナーセンターを利用してください。
Webサイト: https://www.uber.com/ja-JP/drive/kobe/contact/

利用可能なレンタル自転車サービス

配達には 自転車バイクが必要です。自分で持っていればそれでいいですし、なければ定額のレンタルを利用できます。

大阪

大阪では ドコモバイクシェア(月額4,000円)帝都産業(月額10,000円〜)を利用できます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

レンタル自転車・バイクのUber専用プランの申し込み方法

京都

京都ではUber Eats専用の車両レンタルサービスが現在ない状況です。

調べてみたところ PiPPAというレンタル自転車サービスがあります。

ただ月額会員(1500円/月)でも30分の運転を超えると追加チャージ(30分100円)がかかってしまうらしく、配達で利用するにはかなり厳しいです。

あまりおすすめできるとは思えないので、Uber専用レンタルサービスなどが発表されるまでは自前の自転車を利用するしかないのかなと思います。

公式Webサイト: https://pippa.co.jp/

神戸

神戸でも今のところはUber専用レンタルサービスはありません。

調べたところ Kobe Linkle(コウベリンクル)が今のところはいいかな?と思います。

ドコモバイクシェアと同様、借りた場所に関わらず神戸市内10箇所のポートのどれにでもにいつでも返却してOKなシステムとなっています。車両も ドコモバイクシェアと同じものですね。

価格 (リンク:公式サイト) は1日レンタルで500円なので、ぎりぎり配達に使えるレベルですね。

三ノ宮駅のポートを掲載しておきます。

コベリン 三宮駅前
神戸市中央区三宮町1丁目10
マップをみる

稼動開始のアドバイス

パートナーセンターで登録を完了し、その足で稼働開始する場合のアドバイスです。

最近は配達バッグの品薄が続いており、即日の稼働開始は厳しいかと思います。こればかりは行ってみないとわからないので、もし運よく在庫があった場合は参考にしてください。

初日の注意事項

初日から稼動できるとは限らない

運よく登録に行った日にパートナーセンターに配達バッグの在庫があれば登録後からすぐに配達を開始できるのですが、最近は配達バッグが品薄気味になっています。在庫がなかった場合、バッグは後日に自宅への郵送となります(だいたい1週間〜1ヶ月ほどで届くようです)。

また記事執筆時点 (2018/7/31)では京都と神戸のパートナーセンターは 金・土・日しか開いていない点も注意です。他の曜日にしか行けない場合は 大阪のパートナーセンターを利用しましょう。

ブースト・インセンティブの適用なし

ブーストやインセンティブは登録から1〜2週間後になってはじめて適用されるようになります。

大阪・京都・神戸ともに基本報酬が安く、それをブーストで補うようなシステムになっています。ので、ブーストがつかない状態での稼働はおすすめできません。

ドコモバイクシェアの月額プラン開始日に注意

ドコモバイクシェアを利用する場合、Uber専用月額プランの適用は 翌日からになります。申込当日は自動的に30分100円の通常レンタルになるので注意しましょう。

ドコモバイクシェアのUber専用プランは前もって申し込みができるので、本登録に行くより前に申し込んでしまうのは一つの手です。ただその場合、もしパートナーセンターに配達バッグの在庫がなかった場合に初月のレンタル料金(日割り)が無駄に多くかかってしまうことになるので、難しいところではあります。

稼動の手順

UBER Driverアプリをオンラインにしたら、あとは基本的に待つだけです。

スマートフォンの設定でUBER Driverアプリの通知について 「ロック画面に表示」を許可しておくのを忘れないようにしましょう。バッテリーを節約するために待機時は画面を切っておきたいですので。

大阪の場合

大阪だと、パートナーセンターは心斎橋なので、登録後そのまま難波付近で配達されるのがベターだとおもいます!レビューでは、 梅田近辺が賑わっているみたいですね!

ちょうど、アメリカ村のど真ん中にレンタル自転車(ドコモバイクシェア)のポートがあるので、記載しておきます。

B-02.アメリカ村 / America-mura
大阪市中央区西心斎橋1-9-16
マップをみる

京都の場合

京都のパートナーセンターは京都駅近くなので、そのまま京都駅付近待機でいいかと思います。京都は街が碁盤の目になっているので土地把握がしやすいのと、自転車のコースも整備されているので配達しやすいと思います。

神戸の場合

神戸は三ノ宮にパートナーセンターがあるので、そのまま近辺で待機でいいかな?と思います。(まだ神戸エリアの情報が全くないので登録時にスタッフの方に聞かれた方がいいかと思います。ごめんなさい!)

詳しい配達の手順はこちらのページをご覧ください。

実際の仕事の流れ

大阪・京都・神戸のユーザーレポート

レポーターのNaoが京都で50回の配達をしてのレポートはこちら、管理人が東京での経験をまとめた記事(他の都市でも共通している部分は多いです)はこちらにあります。

そのほか実際に関西の各都市で配達してみてどうだったかについては以下のみなさんのレポートを読んでみてください。

workname
アイコン
配達の合間に。普段も愛用しているママチャリで配達しています。ウーバーをするようになって、自転車のメンテナンスにそれまで以上に気を配るようになりました。
2018.12.08
Y.T(30代/男性, 会社員)
自転車(自前)
大阪
135
夜間は危ないのでライトは必須です。
2018.12.02
ことこと(40代/男性, サラリーマン)
自転車(自前)
大阪
60
2018.11.20
ガルシア(大学生/男性)
自転車(自前)
大阪
50
今から猫の手袋はめて稼働します!冬でも稼動中はいい感じに暖まります。
2018.11.18
あしみー(30代/女性, 会社員)
自転車(自前)
京都
76