Uber Eatsとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、アメリカ・シリコンバレーの配車(アプリでタクシーを呼べる)サービス大手のUberによるフードデリバリーサービス(=出前)です。

日本では同様のサービスとして楽天デリバリープレミアムLINEデリマ出前館などがあります。いずれも「アプリから簡単に料理を自宅まで届けてもらう」というサービスです。

現在、世界中の100以上の都市でサービスが展開されていて、日本では2016年9月に東京、2017年秋には横浜、2018年には一気に川崎大阪京都神戸名古屋福岡埼玉千葉でもサービスがスタートしました。最近になってサービス提供都市がかなりの勢いで増えているので、もしかしたら今年中に仙台札幌あたりでもサービス開始が期待できるかもしれません(?)
都市ごとの情報

どんな人が配達しているの?

街中には多数のUber Eatsの配達員(配達パートナーと呼ばれます)が待機しています。専用の待機場があるわけではなく、配達パートナーは自転車やバイクで街中を流しながら注文が入るのを待っています。

注文が入ると 配達先住所レストラン待機しているドライバーの位置から一番時間的・距離的に効率が良い配達パートナーに配達リクエストが送られるシステムとなっているので、基本的には注文から 30分〜1時間くらいで料理が届く(はず)です。

ちなみに当サイトには実際に登録して配達をしている配達パートナーのみなさんの体験レポートを掲載していますので、よかったらのぞいてみてください!
レビュー・体験レポート

注文するには?

注文は専用アプリまたは公式Webサイトから行います。初めての利用の場合は こちらのページに500円分のクーポンがあるのでぜひご利用ください。

Uber Eats配達パートナーとは?

Uber Eatsの配達パートナーは従業員やアルバイトではありません。誰でも自分のスマートフォンに専用アプリをインストールしてオンラインにしておくだけで注文が入るようになり、受けた注文の分だけ報酬を得ることができます。

workname
アイコン
Uber Eats