Uber Eatsってなに?

Uber Eatsとは?

Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは一言でいうと、フードデリバリーサービス=出前のことです。
アメリカ・シリコンバレーの配車サービス(タクシーを呼ぶアプリ)大手のUberが運営しています。

日本では同様のサービスとして楽天デリバリープレミアムLINEデリマ出前館などがあります。いずれも「アプリから簡単に料理を自宅まで届けてもらう」というサービスです。

現在、世界中の100以上の都市でサービスが展開されていて、日本では2016年9月に東京、2017年秋には横浜、2018年には一気に川崎大阪京都神戸名古屋福岡埼玉千葉でもサービスがスタートしました。
サービス提供都市がかなりの勢いで増えているので、仙台札幌あたりでもサービス開始に期待したいですね。

都市ごとのサービスエリア情報

注文するには?

ハンバーガー
頼める料理は普通の出前では考えられないほど多種多様

注文はスマホアプリ(iOSAndroid)で行います。PCでもWebサイトから行えます。

自宅で普段の食事やホームパーティにはもちろん、オフィスで忙しく買い物に行けないビジネスマンや、いつもと違ったランチを食べたいOLさんにも人気です。

配送料がかかるので普通にお店で買うよりは高くなってしまいますが、好きな場所に好きな料理を届けてくれる便利さと楽しさが受けています。

初めての利用で使えるお得なクーポンがあるので、どんな感じか気になってる方はぜひご利用ください。

最近はクレジットカード払いだけでなく現金払いが可能な地域が増えてきて、クレカに抵抗がある人も気軽に頼めるようになっています。

現金払いでウーバーイーツ頼んでみました

どんな人が配達しているの?

配達パートナー
街中で見かける黒や緑の四角いバッグを背負った人

街中には多数のUber Eatsの配達員(配達パートナーと呼ばれます)が待機しています。専用の待機場があるわけではなく、配達パートナーは自転車やバイクで街中を流しながら注文が入るのを待っています。

注文が入ると配達先住所レストラン配達パートナーの位置から、最も時間的・距離的に効率が良い配達パートナーに配達リクエストが送られるシステムになっていて、注文から30分〜1時間くらいで料理が届くようになっています。

(悪天候時など、配達パートナーが少なくマッチングしにくい時は遅くなることがあります。)

誰でも配達パートナーになれるの?

Uber Eats最大の特徴は、誰でも配達パートナーになれることです。

配達パートナーに登録する条件は18歳以上であることだけです。日本での就労が可能であれば外国人でも出来ます。

採用面接などがなく思い立った時に始められるので、本業の合間に副業でやっている人や、再就職まで繋ぎの仕事にしている人もいます。

必要なのは、配達パートナーに登録すること、スマホにドライバーアプリ(iOSAndroid)をインストールすること、これだけですぐに配達パートナーになれます。

あとはサービスエリア内でオンラインにしておくだけで注文が入るようになり、受けた注文の分だけ報酬を得ることができます。

当サイトでは実際に登録して配達をしているみなさんの体験レポートを掲載していますので、配達パートナーに興味がある方はのぞいてみてください!

レビュー・体験レポート

workname
アイコン
Uber Eats