Uber Eats配達員(配達パートナー)はどんな仕事か

Uber Eatsについて、前回の記事では注文する側からUber Eatsについて説明しました。
今回は配達員(正式には配達パートナーといいます)から見て、どんな仕事なのかについて紹介します。

ポイントは好きな時間に好きなだけ配達できるアルバイト・雇用ではないというところです。

どんな仕事か

レストランで料理を受け取る配達パートナー
レストランで料理を受け取る配達パートナー

自由度の高い配達の仕事

自転車 or バイクで、レストランからお客さんの元まで料理をお届けする仕事です。簡単に言えば出前ですね。

普通の配達のアルバイトのように、レストランで待機しているわけではありません。

配達パートナーはスマホアプリでどこにいても配達の仕事を受注でき、Uber Eatsが対応している地域内(サービスエリア)のいたるところで待機しています。

レストランに注文が入ると、近くに待機している配達パートナーのアプリを通じて依頼が行われ、配達パートナーはレストランまで料理を取りに行き、お客さんのところまで配達します。

注文が入るまで、待機中はどこで何をしてしていてもいい、というのがいいところですね。

Uber Eatsの働き方の特徴

スマホと乗り物があればいつでも一人で仕事ができます。

アルバイトのように上司や同僚がいるわけではないので最初は少し戸惑うことがあるかもしれません。

しかし仕事内容としてはとてもシンプルなので、数回やれば誰でも出来るようになります。

Uber Eats向きの能力としては、自転車を漕ぐ体力があって、地図を読むことやルートを決めるのが得意だと有利です。方向音痴で迷いやすい人でもナビを使えば大丈夫です。

1回の配達でだいたい400~600円くらいの報酬がもらえます。
実際どれくらい稼げるかはこちらにまとめてます。

配達パートナーの収入について
(稼ぎ、報酬の計算)


配達パートナー
配達パートナー であさんレポートより

配達パートナーは個人事業主

覚えておきたいことは、配達パートナーはUberから雇われているわけではなく、個人事業主ということです。

そのため、最低賃金や残業という概念はないですし、仕事に必要なものは自分で用意しなくてはいけません。

出勤する日や時間が決まっておらず、事前にシフトの提出などもちろん必要ありません。

アプリをオンラインにしたらスタートオフラインにしたら終了、というシンプルで自由な働き方ができるのが魅力です。

稼ぎたい時は長く働いてもいいし、疲れた時はすぐに帰っても誰にも文句を言われません。

といってもスマホや乗り物は持っているものを使えばいいし、実際にかかる経費はガソリン代やちょっとした備品程度で、始めるためにそんなにお金が必要になるわけではないです。

ちなみに自転車は持っていなければレンタルもあります。

サービスエリア

Uber Eatsは日本全国どこでも出来るわけではなく、対応している場所が決まっています。

現在(2019/5/15)のサービスエリアは 東京埼玉千葉横浜川崎大阪京都神戸名古屋福岡です。

対応している都市はどんどん増えて、範囲も徐々に拡大していっているので、これからも広がっていきそうですね。


都市ごとの情報

いいところとわるいところ

自転車とバッグ
自転車とバッグ もぶさんレポートより

いいところ

採用面接がない

雇用ではなく登録すればだれでも働けるため、採用面接というものがありません。

パートナーセンターで30分ほどの登録を済ませればその日から働けます。

好きなタイミング・時間で働ける

これが一番大きいですね。

あらかじめ予定を入れておく必要がないし、急きょ時間が空いてしまった時にも便利です。

服装などが全く自由

制服などはなく、好きな服装で働けます。

ただし、食べ物を扱う仕事ですし、お客さんやお店からの評価もあるので、清潔感は意識した方が良いです。

趣味としての楽しみ

Uber Eatsで働くことが人気の理由のひとつとして、趣味として楽しいということが挙げられます。

自転車やバイクに乗ることが好きな人には最適だし、ダイエットやトレーニングとして取り入れている人もいます。

1件配達を終えるごとに稼いだ金額がリアルタイムに表示されるので、ゲームをクリアしてスコアを獲得するのに似た面白さがあります。

もちろんお金が発生する仕事なので遊び感覚ではいけませんが、こういったところに楽しさを感じられる人は向いてます。

注文の待機時間は自由

好きなことをしてていいので、カフェで他の仕事をしたり、自宅がサービスエリア内なら家で昼寝しながら待つのもいいでしょう(笑)

また注文がきても必ず受けなければいけないわけではないので、タイミングが悪ければスルーしてもOKです。(ただあんまりしょっちゅう無視してると注文が入らなくなるのでほどほどに。)

注文の受け方などはこちらのページで説明しています。

実際の仕事の流れ

わるいところ

交通費

レンタルサイクルを利用する場合、サービスエリアまで電車などで通うスタイルになります。

そこまでの交通費は支給されないので、サービスエリアから離れたところに住んでいると負担が大きいという、郊外住み泣かせな面があります。

いつでも稼げるわけではない

これは以外と盲点かもしれませんが、1日中稼動していても、あまり配達のリクエストが来ない時間帯があります。

早朝は営業しているレストラン自体が少ないことと、ランチタイムが終わってディナータイムが始まるまでの数時間もなかなか注文がこないです。

いつでも働けるとはいえ、ブーストやクエストといった報酬アップシステムも関係してくるため、稼げる時間は限られてきます。

天候に左右される

自転車だと、割と小雨でもけっこうしんどいです。レインコートを頭にかぶると後ろを振り向いた時の視界が狭く、車道を走ってる時は結構危ないのでやめたほうがいいです。

それに路面が濡れているので滑りやすいです。

頭ずぶ濡れOKかつ 濡れた路面でも問題ない!という方なら雨の日は高確率で 回数インセンティブが出るのでいいのですが、それ以外の方には雨の日の配達はおすすめしません。

排気ガス

地味なんですが、交通量の多い青山通りや六本木なんかを走ってると、結構しんどいときがあります。街中の車全部電気自動車になってほしいですね。特に大きなトラックの後についてしまった時などけっこうつらいです...

マスクや眼鏡で保護すればだいぶマシになります。

やはりなによりもスケジュールが縛られないというのがこの仕事の最大のメリットです。面接などもないので、登録してみようかなと思った方はこちらのページをみてみてください。

Uber Eats配達員になるには(登録要件・必要なものなど)

workname
アイコン
Uber Eats