注文も、配達も、UberEATSで。

写真
写真は、お花見の季節に配達に行った時のものです。道路沿いの桜が本当にきれいでした。
レポート投稿者
Omlet(30代/男性,自営業)
エリア
配達件数
100
おすすめ度
4

簡単な自己紹介・Uber Eatsを始めた動機

平日は自営業をやっている、Omletです。普段の仕事の時間が不定期で、手が離せなくなることがあるため、よくUberEATSで食事を注文することがありました。注文できるお店の中によく行くレストランがあったことが、客として最初にウーバーイーツを利用したきっかけでした。配達員も募集している、ということだったので、自身の健康のためにも、自分で配達もしてみたい!と思い、ドライバーの仕事を始めました。

登録から50配達達成まで

達成にかかったのは2か月ほど。その間2週間ほど休んだので、実質1か月半くらいです。最初は一日3-5件程度。上り坂があると、それでも割と疲れます。

稼働しているエリア・曜日や時間帯

新宿、中野あたりで働いています。時間は不定期です。

だいたいの時給・日給換算

時給は1000円前後。クエストを利用すれば1500円くらいまではいきます。ただ、最初は慣れも必要だと思いますし、時給800円ー1000円くらいで考えた方がいいと思います。

登録のレポート

ウェブ登録は簡単ですが、パートナーセンターは場所が分かりにくく、小さかったので、少し不安になりましたが、登録自体はスムーズで、説明を30分ほど受けてバッグを受け取り、そのまま配達に行って大丈夫ですよ、と言われました。

車両・備品について

大手の家電量販店でスマートフォンホルダーを買いました。ガッチリ画面に取り付けるタイプのものだと、いちいち取り外すのが大変なので、ゴムバンドで簡単に固定するものにしています。ドリンクホルダーもあると便利かもしれません。自転車は3万円ほどのロードバイクを利用していますが、ママチャリだと坂がきついので、それなりの自転車を利用した方がいいと思います。

初日の配達

初日の配達は昼過ぎでした。アプリの電源を入れると、普段行ったことがない代々木のチェーン店から注文が入りました。お弁当を二つ受け取り、配達に向かおうと思ったのですが、地図がぐるぐる回転してしまって、どちらがどの方向なのかよくわかりませんでした。パートナーセンターで何かあった時の電話番号を聞いていたので、その電話番号に慌てて電話し、使い方などを改めて説明してもらい、商品を受け取ってから10分ほどもたつき、配達先も急な上り坂があったりと、苦労しました。

この仕事の良いところ

空いた時間に少しだけ働くことが出来ること、自宅にいながら注文が入った時だけ配達にいけることです。家の近所でもまだ行ったことがない場所があることに気づかされます。春は桜が綺麗でしたし、一度も注文したことがなかった、美味しそうなレストランも沢山みつかりました。お店やお客さんとトラブルになったことは、今のところ一度もありませんし、働きやすさは抜群です。

この仕事の悪いところ

配達する距離の分は給料計算されるのでいいんですが、急な上り坂はバイクか電動自転車でない限り本当にキツイです。暑さ、寒さ、雨や強風などの天気の悪影響や、交通渋滞(日曜の渋谷や原宿は自転車を走らせる場所がほとんどありません)などがこの仕事をしていて辛いところです。

アドバイス・配達のヒント

体調を整えておくこと。体力が残ってないと、仕事になりません。身だしなみは清潔に。笑顔で配達に行けば、お店の方もお客さんもきっと優しく対応してくれると思います。自転車のライトやブレーキ、タイヤも確認しておくといいでしょう。限界まで働かず、休憩をとりながら働くのがいいですね。

おすすめ度

★★★★☆

自分の時間を大切にしたい人に向いています。安定して稼ぎたい人は、他の仕事の方がいいですね。

workname

Uber Eatsのユーザーレポート

ウーバーイーツバッグの中
2019.06.19
YY(30代/男性,フリーター)
自転車(自前)
東京
50
2019.06.01
ブラリーノ(40代/男性,転職活動中)
原付・バイク(自前)
東京
50
写真は、お花見の季節に配達に行った時のものです。道路沿いの桜が本当にきれいでした。
2019.06.01
Omlet(30代/男性,自営業)
自転車(自前)
東京
100
Uber バッグ:ソフトタイプのレジャーシートを曲げて仕切りとして使用、多少サイズが違うものがきても、シートの応力で抑えられます。 からの部分には自分のカバンとペーパータオル
2019.06.01
purpleni(20代(大学生を除く)/男性,会社員)
自転車(自前)
東京
56