挑戦!ウーバーイーツ 配達員

レポート投稿者
ブラリーノ(40代/男性,転職活動中)
エリア
配達件数
50
おすすめ度
4

簡単な自己紹介・Uber Eatsを始めた動機

昨年9月に会社を辞め、転職活動をしています。街中で緑のバックパックを背負った配達員が気になり、自分でもやってみようと思いました。

登録から50配達達成まで

日曜日にウェブ登録を済ませた後で恵比寿のパートナーセンターに行き、その日から配達を開始しました。1日5~11件配達して土曜日に50配達を達成しました(稼働日7日)。

稼働しているエリア・曜日や時間帯

渋谷 青山 六本木 赤坂 新宿 ランチタイム ディナータイム

だいたいの時給・日給換算

登録1週間でブーストもインセンティブも発生していないので、平日で5~800円、土日で1,000円〜という感じです。

登録のレポート

必要最小限の情報を登録すればすぐに働くことができます。履歴書の作成や志望動機を聞かれるような事も一切ありません。

車両・備品について

ホンダのスーパーカブ125ccを使用しています。バイクで活動するにはやはり2段階右折や制限速度のことなどを考えると、50CCよりはるかに有利だと思います。実際街中でみる他のバイク配達員の多くが125ccを使用しています。

初日の配達

恵比寿のパートナーセンターで登録を済ませた後、すぐに稼働しはじめました。日曜日でしたが、オンラインにしてから最初のクエストがあるまで2~30分かかりました。恵比寿から祐天寺まで6キロに、ピンずれがあった事もあり、30分以上もかかってしまいました。やはり地図アプリはGoogleマップに直接入力、が鉄則だと痛感しました。記念すべき初配達の報酬は912円でした。

この仕事の良いところ

やはり自分のペースで働くことができるのが1番の利点だと思います。

この仕事の悪いところ

報酬が曜日や時間帯、天候等に大きく左右されるので効率よく稼げるようになるにはある程度の経験が必要だと思います。

アドバイス・配達のヒント

仕事自体は極めてシンプルですので自分なりに戦略を立てて、トライ アンド エラーを繰り返して上達していくしかないと考えています。私の場合はあまり報酬額にこだわりすぎないように、スポーツ感覚で楽しみながらやろうと心がけています。

おすすめ度

★★★★☆

全く新しいスタイルの働き方、という点で今後に注目できると思います。
自力で稼ぐ、ということの意味を考えるにはいい機会だと思います。

workname

Uber Eatsのユーザーレポート

ウーバーイーツバッグの中
2019.06.19
YY(30代/男性,フリーター)
自転車(自前)
東京
50
2019.06.01
ブラリーノ(40代/男性,転職活動中)
原付・バイク(自前)
東京
50
写真は、お花見の季節に配達に行った時のものです。道路沿いの桜が本当にきれいでした。
2019.06.01
Omlet(30代/男性,自営業)
自転車(自前)
東京
100
Uber バッグ:ソフトタイプのレジャーシートを曲げて仕切りとして使用、多少サイズが違うものがきても、シートの応力で抑えられます。 からの部分には自分のカバンとペーパータオル
2019.06.01
purpleni(20代(大学生を除く)/男性,会社員)
自転車(自前)
東京
56