配達初期のポイント

バックは基本的にこのサイズでいけます。
最初の50回まではインセンティブが!
都内をまわっているとフォトスポットが多いです
同じエリアで配達していると、気になるお店が見つかります(^^)
写真
こんなママチャリでも配達できます。
レポート投稿者
Chihiro(30代/男性, 会社員)
エリア
配達件数
130
おすすめ度
4

簡単な自己紹介・Uber Eatsを始めた動機

不定休の会社員をやっています。空いた時間の活用と運動不足解消の為に登録しました。

登録から50配達達成まで

だいたい8日くらいで達成しました。最初の2、3日はコツが掴めずに短い時間で5回前後の配達となり、慣れてきてから1日の配達件数が増えました。

稼働しているエリア・曜日や時間帯

ブーストが多い土日を中心に稼働しています。
平日も空いている時間があれば体力と相談してやっている感じです。
メインで稼働するエリアは目黒区・世田谷区周辺です。

だいたいの時給・日給換算

最初は時給1,000円前後。最近は時間帯によって変動しますが、時給1,250〜2,000円になりました。
クエストがある時はランチ(3,4時間)+ディナー(3,4時間)の稼働で日給16,000円くらいになります。

登録のレポート

登録はパートナーセンター(恵比寿)でスムーズにできました。
平日の夕方に行ったのですが、結構混んでいて6人くらいづつまとめての説明を受けました。

車両・備品について

自宅がエリア内なので通勤でも使用している、いわゆるママチャリで稼働しています。坂道の多くないエリアならさほど問題なく配達できますよ。
渋谷区・港区などの坂道が多いエリアは、断然レンタルの電動式自転車をオススメします。

初日の配達

初日は平日の夕方にオンラインし、10分ほどで某ハンバーガーチェーンからリクエストがきました。初ピックアップは、注文番号を聞かれた際にスムーズに応えられずアタフタしましたが、受け渡しはスムーズにできました。
ピックアップ〜配達で15分くらい、500円程の収入だったと思います。

この仕事の良いところ

・好きな時間に稼働ができる。(空いた時間を活用できる)
・働きながら運動不足解消になる。
・ゲーム感覚で収入を増やしていける。

この仕事の悪いところ

・アプリ、サポートの体制が発展途上。(レスポンスが遅く対応はイマイチなことが多い)
・配達員が増えてきているので、ピークタイム以外はリクエスト待ちの時間が長くなってしまう。
・クエストやキャンペーンが減ってきているようで、1日で稼げる額が減少してきている。

アドバイス・配達のヒント

◆配達バックは、基本的に小さいサイズにして使う方が勝手が良いです(写真参照)。1度の配達量はそんなに多くないので、大きいサイズで使うと空間が空きすぎて安定しません。
◆自転車の場合は坂道の少ないエリアを選んで稼働すること、ピークタイムはタワーマンションの多いエリアは避けること(距離料金にカウントされない時間が諸々かかります)が回数を多くこなすポイントです。
◆最初の50回までは最低保障の料金が設定されているので、長距離より短距離で回数を多くこなす方が効率的です。
◆配達の際は歩道はなるべく走らない方が良いです。振動が多く、料理やドリンクを運びづらいです(一度ドリンクがこぼれました)。
◆ピックアップの際は、特に記載がなくてもお店の広さや混み具合をみて、配達バックは店内に持って入らない方が良いと思います。

おすすめ度

★★★★☆

攻略法を考えながら楽しめる人に向いていると思います。

workname

Uber Eatsのユーザーレポート

表示された住所に建物名が入っていない時のお客さんとのメッセージのやりとり。メッセージに気づかず、返信がないこともありますが、その時は電話で確認します。
2019.02.16
たか(40代/男性, 会社員)
自転車(自前)
東京
67
今までで単価最大の配達。ダブルピックでブースト1.8倍、8.08km、40分ほど。 2件目の方はお待たせしてしまいましたが予め連絡しておいたので低評価ということもありませんでした。
2019.02.16
だくへ(大学生/男性)
自転車(自前)
京都
60
2019.02.11
なつ(20代(大学生を除く)/男性)
自転車(自前)
東京
60
2日目の稼働 あまり稼げていないのは遠くの店のピックも断らずに回っていたのが一番の要因。お店が遠かったり行きにくい場所に無理して行くと時給1,000円超えはかなり厳しいです。(たまたま上手くいくときもある19時台)
2019.02.09
Geo(20代(大学生を除く)/男性, 自営業)
自転車(自前)
福岡
75