女子大生が京都でUber Eats配達にチャレンジしてみた(その1・登録編)

こんにちは。noshiftで今回から数回に分けてレポートを書くNaoと申します!私は現在京都の大学生で、普段は衣料品店とコンビニ店員の掛け持ちバイトをしています。夏休みにガッツリと稼ぎたかったのと、東京や大阪で賑わっているUber Eatsが少し気になっていたので、ダイエットにもいい機会と思い配達をすることにしました。

ということで、ここからUber Eats京都エリアの登録→50配達までの詳細をレポート形式で数回に分けてお伝えします!

ちなみになぜ50配達かというと、現在キャンペーン中のボーナスを受け取るのに必要なのが50回の配達だからです。詳しくはこちらをご覧ください。

登録

詳しくは、こちらのページで説明しているのですが、Uber Eatsで配達を始めるまでには

Web登録

車両確保

パートナーセンターでの登録

という手順が必要です。私は自転車を持っていたので車両確保は飛ばしてWeb登録→パートナーセンターでの登録の順で手続きしました。

Web登録

Web登録は携帯からでもパソコンからでも両方できます。私はパソコンで手続きしました。
身分証の写真をアップデートするところでは自分の免許証をMacのPhoto Boothで撮りアップロードしたのですが、それで無問題だったようですんなりとWeb登録は終わりました。

パートナーセンターへ

後日(7月某日、確か金曜日だったと思います)、14時くらいに京都駅付近のパートナーセンターに到着。

京都のパートナーセンターは営業日が少ない(記事執筆時点で、営業日は金〜日のみです!)ので気をつけてください!

...やってる?
...やってる?

...あれ、今日はやってる日...だよね?

ぱっと見やってるかんじが全然ないのですが、入り口のドアを入ると左側に階段があって、そこを2階にあがると無事到着!

オフィス感はなく、スタイリッシュでおしゃれな雰囲気でした。

スタッフは4人で、若い人が多かったです。女の人もいました!

10分くらい待って呼ばれ、それから15分ほどスタッフからの説明を受けて終了でした。Uber Eatsのバッグは後日郵送で届けられるということで、帰りも手ぶらでした(5日後に自宅に届けられました!)。

配達バッグは昔はその場でもらえることが多かったそうですが、いまは在庫切れで待つことが多いみたいです。その日から配達したい人は運が良いことを祈るしかなさそうです。。

配達バッグはこんなかんじ!
配達バッグはこんなかんじ!

登録自体はスタッフの方も親切で楽しくできました!しかしこのときの説明だけではどんな感じで稼げるのか全然ピンとこなく、ちょっとふんわりしたまま初日を迎えることになりそうです。

周りを見ていると、Web登録せずに(それか不具合で出来ずに)きた人もちょこちょこいたみたいで、その人たちはもっとふわふわしていたのではないでしょうか。。(Web登録せずにいきなり来ても大丈夫そうなかんじでした!)

登録に関して気をつけておくべきことは、Web登録がうまくいかなくてもパートナーセンターに行ってみること。また京都のパートナーセンターは金土日しか営業していないので気をつけてください!

次回からは実際の配達のレポートです!

女子大生が京都でUber Eats配達にチャレンジしてみた
workname
アイコン

Uber Eatsのユーザーレポート

ウーバーイーツの休憩中です
2018.12.10
わっしー(30代/男性, フリーター)
自転車(自前)
東京
90
アームホルダーのベルクロが外れたときのリスクヘッジに、ゴムひもで加工(この部分を腕に通す)
2018.12.09
まーしー(30代/男性, 零細企業経営)
自転車(自前)
東京
60
大量キャンセルが出た方の呼びかけで突発オフ会。配達員同士の交流も楽しい。
2018.12.08
よんじゅう(30代/男性, 会社員)
原付・バイク(自前)
福岡
50
配達の合間に。普段も愛用しているママチャリで配達しています。ウーバーをするようになって、自転車のメンテナンスにそれまで以上に気を配るようになりました。
2018.12.08
Y.T(30代/男性, 会社員)
自転車(自前)
大阪
135