だいぶ慣れてきたけど、まだまだ試行錯誤!

依頼を受けてお店に向かう前に、注文内容を確認するようにしています。温かいもの冷たいものか、溢れやすいものなのか、お店で料理を受け取った時に足りないものはないか…など。
写真
表示された住所に建物名が入っていない時のお客さんとのメッセージのやりとり。メッセージに気づかず、返信がないこともありますが、その時は電話で確認します。
レポート投稿者
たか(40代/男性, 会社員)
エリア
配達件数
67
おすすめ度
4

簡単な自己紹介・Uber Eatsを始めた動機

去年、9月頃にロードバイクを買いました。
街でUberの配達員を見たり、ネットで配達員の募集広告をみて、自分の持っているロードバイクで仕事ができることに魅力を感じて、登録してみました。
もちろん普通にサイクリンしてた方が、楽しいですけど、それとは別に仕事の楽しさを感じています。

登録から50配達達成まで

50回達成は1ヶ月ちょっとです。去年12月末に登録しましたが、最初はなかなかコツが掴めず、上手く立ち回れなかったり、依頼の少ない店の近くで待機したり…

まだまだ試行錯誤ですが、依頼の多い町に行ったりして、配達回数も増えてきて少しづつコツが掴めてきました。
それでも今まで依頼が多かったエリアが急にたくさん呼ばれることがあったり、逆のこともあるので面白かったりします。

稼働しているエリア・曜日や時間帯

平日仕事が終わって、夜19時~22時ぐらいまで。週末は土日のどちらか。とにかく体や気持ちにストレスがかからない程度に無理なくやっています。
週末はそれなりに配達回数は増えますが、平日夜だと曜日によって依頼が少ない時もある印象です。稼働時間=収入にはならない時もありますので、そこは割り切って仕事はしていません。

エリアは職場がある江東区で、土地勘がある為に店のある場所も、配達ルートもイメージしやすいです。そろそろ慣れてきたので、もう少し都心部で試してみたいと思っています。

だいたいの時給・日給換算

注文が比較的多い週末だと時給1000円を超えますが、エリア、時間、曜日、天候によっては稼働時間=収入にはならないので、色々考えながらやっています。
それもまたちょっと楽しかったりします(笑)
この仕事にまったく期待しないのもストレスですが、期待しすぎるのもストレスなのでほどぼどがいいです。

登録のレポート

事前にスマホで出来ることはやっておいて、その日の内に秋葉原の登録センターにいって本登録を済ませまました。空いていたのですぐに案内され、マンツーマンで説明してくれます。

車両・備品について

自前のロードバイクでやっているので、前傾姿勢によるバッグの傾き、乗り降りする際、段差など、注意しながらやっています。
スタンドがない為、止める場所も考えながら…防犯対策もしっかり。
スマホはハンドルに固定して見やすくしています。配達中にマップを拡大したり、お客さんとメッセージのやり取りをすることがあるので、ハンドルマウントが便利だと思います。もちろん交通安全上にも。
他、ヘルメット、サングラス、グローブなど…お店やお客さんの前ではすべて外します。グローブをしたまま、場合によってはヘルメットをかぶったままだと好印象をうけない人もいるようです。
ウェアに関しては好きなスポーツブランドで見た目も防寒対策もしっかりやっています。好きなブランドで気分も良いし、お客さんにも悪い印象を与えないようにするためです。
商品を固定する緩衝材はサバイバルシートを使っています。

初日の配達

初日の配達は、仕事が終わってとあるタピオカミルクティーのお店でした。
アプリのお知らせをタップ、ナビゲーションボタンをタップしてマップのピンの立ってる店に向かいました。が、到着するもそこに店がなくしばらくウロウロ。焦りました(笑)Googleマップで店を検索してなんとか辿り着きましたが…

店に到着してタピオカミルクティーを2つ渡されて、ナビボタンポチッ!とやって到着するも別の場所…よく見たら、ナビで案内してる場所と表示されてる配達先の住所が違っていました。再びGoogleマップに手動入力して、無事にお届け。
ただし、お客さんから悪い評価を受けたようです。
それ以来、Uberのドライバーズアプリのナビは使わず、お客さんの住所をGoogleマップに音声なり手動なりで入力しています。
また、建物名の記載があるときは建物名で検索すると出てきます。
配達メモに詳しい配達場所を書いてくれるお客さんもいてそれはありがたいです。なのでメモは必ず目を通しています。
あとは、お客さん入力ミスか、アプリの不具合か…建物名表示されてない、町名が表示されてないなんてことがちょくちょく起こります(笑)それはそれで、お客さんにメッセージや電話するなりすれば解決できます。

お店の場所は何回か通ってるとわかると思いますし、あらかじめ加盟店をGoogleマップに登録してあるので探しやすいです。

この仕事の良いところ

自分の場合は好きなロードバイクで好きな時間にできるからでしょうかね。あとはお客さんやお店の人から喜ばれると素直に嬉しいです。

この仕事の悪いところ

先程にも書いたように、専用アプリの使い勝手がまだまだのようです。そこは改善して仕事がしやすいようにして欲しいです。
あとはUberがどれだけ浸透してリピーターがいるのでしょうか。配達員は誰でも簡単に登録できるようですし、お店と配達員、お客さんと配達員の間でトラブルがあると思いますし、1度使っただけでもう2度と頼まない!なんてお客さんもいると思うので、新しい配達員を増やすだけではなく、まじめにやっている配達員に優遇するシステムを作って欲しいです。加盟店やリピーターを増やす為にも。

アドバイス・配達のヒント

私の場合、慣れた土地でまず1日1件でもいいから…という気持ちでやっていきました。最初はマクドナルドとか比較的呼ばれやすい、運びやすい(マックのドリンクは溢れにくいです)、配達先も割と近くなのでそこから始めた方がいいと思います。そこで一連の流れがわかると思います。
あとはお店からもお客さんからも見られているということを意識して、身なりや言葉使いなど気をつけています。できるだけ、また注文してもらいたいという気持ちになって欲しいです。

稼働エリアなどは、私もまだまだ試行錯誤、今後いろいろ試してみたいところです。

おすすめ度

★★★★☆

あまり期待しなすぎず、期待しすぎず、あくまでもお小遣いが貰える程度…で始めた方が楽しくできるって私の場合は思います。
切羽詰まった状態でやるとトラブルや事故の原因になりかねません。気持ちに余裕をもってやりたいところです。

workname

Uber Eatsのユーザーレポート

購入して5年以上乗っているクロスバイク。まだまだ乗れます。
2019.03.17
maru(30代/男性, 自営業)
自転車(自前)
大阪
60
普段配達で使う、小さいタオル4枚、大きなタオル1枚、アルミシート1枚
2019.03.17
ヨコワケ(40代/男性)
原付・バイク(自前)
東京
51
付け外し簡単!
2019.03.16
ラトル(大学生/男性)
原付・バイク(自前)
神戸
70
-
2019.03.16
ぽりごん(20代(大学生を除く)/男性, 会社員)
自転車(レンタル)
東京
70