注文者に領収書が欲しいと言われた時の対処法

Uber Eats配達の仕事をしていると、レストランに取りにいった商品が足りなかったり、売切れてしまった商品の注文が入ってしまうことがあります。

お客さんに領収書を欲しいと頼まれることもありますね。

そのようなトラブルを実際に体験した時に、どのように対応したのかを紹介します。

レポーター紹介:もぶ(20代/東京)
転職活動をしながら活動しているので、週5日ほどで自転車で配達しています。
配達エリアは主に東京の南エリア。配達件数は150件程度。よく稼働する時間帯は、10:00~15:00 17:00~20:00です。

※このページはUber Eats配達中に起きたトラブル対処法について紹介しています。
Uber Eatsの仕事のおおまかな内容を知りたい方はこちらをごらんください!

注文した商品が足りない!?

カレーライスのリクエストが入り、インド料理屋にピックしに行ったときのことです。
お店に到着して元気よく挨拶をし、商品番号を伝えると、すぐに店員さんがビニールをぎゅうぎゅうに縛った商品を渡してくれました。

カレーのルーがこぼれないようにと、ビニールを強く縛ってくれたと思うのですが、中身を確認することができません。
お店のスタッフが「これが全部!」と伝えてくださったので、それを信じて中身を確認しないまま、お客さんのところまで運ぶことになりました。


そのビニールごとお渡しすると「あれカレー2つだけ?」と聞かれて、「お店の人にこれが全部だと言われたのですが、違いますか?」と伺うと、「まあ良いや、大丈夫!ありがとう。」と言って、その場は済みました。

私は不安になり、すぐにサポートセンターに問い合わせると、「アプリの詳細画面からお客さんが注文した内容を確認できるので、改めて確認して欲しい」と言われ、確認するとカレーが3つになっていたのです。

インド料理屋さんが入れ忘れたことが判明し、お店側に責任があるとは言えますが、リクエストが入った際に事前に自分がしっかりと内容を確認していれば、未然に防げたミスだったと思います。

その料理代金、配達代金はウーバーイーツが保証するということでお客さんにとって無料になり、私の配達料も保証してもらえました。

あとは、サポートセンターが対応してくれるとのことで、安心して次の配達に集中できました。

解決策

商品をしたときは、「これで全部ですか?」とスタッフに確認し、目視でも注文数と実際の料理を確認します。

スタッフが忙しい場合は商品を入れ忘れてしまうことがまれにあります。

こうしたミスは配達員の責任ではないですが、事前に防ぐことができればそれに越したことはありません。

もし、商品が足りないことが判明したらすぐにサポートセンターに電話しましょう。
サポートセンターが混雑してる場合は、まずお客さんのことを第一に考えて状況を説明し、誠意を持って対応することが大切です。

noshift アドバイス
お客さんの注文アプリからも、商品が不足していた場合の問い合わせができます。
サポートに繋がらずその場での対応が難しい場合、そのように伝えることで安心してもらえます。
Uberヘルプ → 注文に不足しているアイテムがある

ピックアップする商品がない!?

都内のラーメン屋さんにピックしに行ったときのこと、ラーメン屋さんに到着すると、「あれ?その注文は店側がキャンセルしたはずなんだけど?」と言われてしまいました。

しかし、すでにリクエストは受けている状態だったので「サポートセンターに問い合わせてキャンセルしましょうか?」と言うと、「いや、なんとか作るよ」といって応じてもらえました。

材料切れなどで注文を受けられなくなった場合は店側の端末で売り切れにするのですが、これを忘れてしまい注文が入ってしまうことがあるようです。

今回はなんとか作ってもらうことが出来ましたが、もし作れなかった場合はどのように対応すればよかったのでしょうか。

自分で判断してキャンセル処理してしまわず、まずはサポートセンターに連絡をして指示を仰ぐのがベストです。

配達パートナーは仕事の依頼を受けてその通りに対応をしているので、こちらに責任はありません。

しかし、いくら自分に責任がなかったとしても、レストランあっての配達パートナーの仕事ですので、できる限りの対応はしたいと考えています。

解決策

仕事をするうえで、トラブルに直面したときは状況を整理し「責任の所在」を明確にすることが重要です。

今回のケースでは、お店側かウーバーイーツのシステムに問題があるため、商品キャンセルの是非をお店のスタッフに委ねました。

なんでも自分で解決しようとせずに、周りに相談することが解決への近道だと思います。

領収書がほしい!?

ハンバーガーの注文が入り、お店で商品をピックしお客さんの自宅へ無事に到着。

商品を渡そうとして帰ろうとすると、お客さんから「領収書ちょうだい!」と言われました。

普段から領収書など持ち歩いていないし、お店に戻って領収書をもらうべき?どうしたらいいんだろう。

事前に言われていなかったこともあり、その場で用意できないと判断してネットで調べてみることにしました。

解決策

検索エンジンで「ウーバーイーツ 領収書発行」と2つのキーワードをいれて検索すると、Uber Eats 公式サイトで、アプリから領収書がダウンロードできることが分かりました。

そこでお客さんに「領収書はスマホアプリから発行できるようなので、お手数ですがご対応をお願いしてもよろしいでしょうか?」とお伺いすると、こころよく承諾していただけ無事に解決しました。

noshift アドバイス
領収書は注文した商品が届いた後にメールでも届きます。
紙の領収書を配達員が渡すことはないことは覚えておきましょう。

最後に

配達スタッフをしていると、小さなトラブルから大きなトラブルまで一通り経験することになると思います。

しかし、焦ることはありません。
誠意を持って丁寧に仕事に臨めば、お客さんも理解してくれるし、お店の人にも助けてもらえることもあります。

はじめのうちは自分の力だけでどうにかしようとせずに、サポートセンターにすぐに電話して問題を早期解決することが重要だと思います。
トラブルは起こって当たり前くらいに思っておいた方が焦らずに済むかもしれませんね。

どんな仕事であっても、一生懸命取り組めば必ず何かに繋がると信じております。
ぜひ、自分が取り組む仕事に誇りをもって配達をしてください。

workname
アイコン